ぷちぷちサミット(10) 台湾有事・核戦争は起きるのか?


一つ前 |  目次   | 次へ

台湾有事は起きるのか?

イシ: 私はもう、薬害による人口削減については半ば諦めているというか、手遅れだろうなと感じてるんですよ。特に日本ではもう完全に手遅れでしょ。
 ただ、日本で使われているワクチンのうちどのくらいが本物、というか、本来の中身のものなのかは分からない。希望的観測としては、極端に薄かったり、ほとんどプラセボみたいなやつが多いといいな、と。そのへんは、ワクチンを提供している側の胸先三寸ですが。

幽大: 他の地域に出している製品より偽物の割合を多くしているということか? もしそうだとしたら、なぜそうするんだ? 日本人はあまり殺さないでおこうという意図があるとでも?

イシ: いや、それはもうまったく分からないですよ。ただ、もしそういう意図があるとしたら、日本人はおとなしくて、低賃金でよく働くし、コントロールしやすい優良な労働力としてある程度は生かしておこう、みたいなことですかね。

幽大: たまらんな。

イシ: ただ、私は、最終的にはかなりの人数の人類がしぶとく生き残るだろうとは思ってるんです。ワクチンや兵糧攻めによる人口削減計画も、それを計画した連中の当初の計算よりはずいぶん緩やかに進んでいるような気がしますし。

吾狼: どうなんでしょうね。AIが計算しているとしたら、かなり正確に進んでいるようにも思えるんですけどね。だって、急激に減っていったら計画がばれてしまうじゃないですか。じっくりじわじわ、ってのは計算通りなんじゃないですか?

イシ: そうかもしれないね。そうだとしても、もう手遅れだよね。
 で、私が懸念しているのは、このへんで戦争による急激な状況変化があるんじゃないかと。

吾狼: 台湾ですか?

イシ: 皮切りはやはりそうなるのかねえ。ウクライナはもうこれ以上はどうにもならないだろうから。
 このタイミングでペロシが台湾に、ヌーランドが日本にやってきたわけだよね。ウクライナはもう使いものにならなくなるから、次の標的は東アジアだ、と。ヌーランドは2014年のマイダンクーデターを仕掛けた張本人。今はバイデン政権の下でさらに出世して国務次官になってる。これがどういう意味か、と。

吾狼: 普通に考えれば、ペロシの台湾訪問で中国を刺激して、台湾有事を起こさせる。中国軍が台湾に乗り込むのは簡単ですよね。すぐ目の前なんだから。台湾にそれを阻止するような軍事力はない。
 しかし、アメリカ軍も台湾の中には兵を配備しているわけではないし、戦車を送り込むのは船でしかできないから間に合わない。そもそもアメリカは台湾に本格出兵するつもりはない。ウクライナのときと同じですよね。
 そうなると、使われるのは日本しかない。その事前工作のためにヌーランドがやってきた……そういうことですよね?

イシ: そうなるよね。ただ、日本とウクライナでは戦争に対する国民の意識というか、空気感がまったく違うからね。

幽大: じゃが、基地はあるぞ。米軍の。

イシ: そうなんですよ。だから、日本の米軍基地から飛行機を飛ばして援護している(てい)を作るとか、自衛隊を利用する程度のことはするでしょうね。それだと大規模な戦火拡大にならない。その程度で終わればまだいいんですが……。

幽大: 核兵器を使うということにまでエスカレートする可能性はないのか?

イシ: どっちが先に使うか、ってことで考えれば、中国が台湾に使うことはありえないですよね。だって、中国にとって台湾は自国の一部なんだから。

幽大: そうなると日本の米軍基地や自衛隊基地にミサイルを撃ち込むのか?

イシ: それもないと思いたいですけどね。可能性ゼロとは言い切れないですよね。
 中国にとって、日本がどの程度必要かってことを考えると、今はもう、あまり必要としていないでしょ。日本がどうなろうが、中国は別に痛手を負うわけじゃない。逆に、日本にとっては中国は絶対に必要な国ですよね。西欧諸国にとってのロシア以上に。
 だから、中国は日本にミサイルなど撃ち込まなくても、経済封鎖するだけでいい。まずはそうするでしょ。中国からモノが入らなくなれば日本はたちまち壊滅的な打撃を受ける。

吾狼: 中国が日本の米軍基地や自衛隊基地にミサイルを撃ち込む可能性があるとしたらどういうときでしょう。

イシ: それは、日本の基地から飛び立った爆撃機が中国に爆弾を落としたりしたときだろうね。正当な防衛という理由ができるわけだから。中国はメンツを大切にするからね。舐めんなよ、ってことで、躊躇なく報復する。

幽大: そうなったとしても、アメリカは本気で中国と戦争は始めないんじゃないか?

イシ: その通りです。今のウクライナと同じです。アメリカ本土が巻き込まれるようなことは絶対にしない。

幽大: やられるのは日本だけか。……そうなる可能性は?

イシ: 可能性は低いと思いますが、戦争というのは予期せぬことが起きたりしますからね。

吾狼: 日本の米軍基地には確実に核がありますよね。それを発射させないという名目で中国が日本の米軍基地にミサイルを撃ち込むということはありえるんじゃないですか?

イシ: う~ん。考えたくないけれどねえ。
 コロナ詐欺を計画して実行している連中は相当頭のいい連中だけれど、軍隊を直接動かす立場の人間ではないと思うんだよね。今のアメリカは、政府や軍の人間の劣化がひどい。ペロシやヌーランドなんて、ほとんどまともじゃないよね。
 ペロシの台湾訪問だって、ホワイトハウスも軍部もなんとかやめさせたかった。ところがあの女を制御できない。これは怖いことだよ。
 余命があまりなくて、何やらかすか分からないような人物に国の運命が左右されるわけだから、ほんとに怖いよね。
 そもそもバイデンはほとんどアバターというか、自分の意思で動いているわけじゃない人形だし。そういう人物が核のボタンを握っているんだから、万が一、予想外のことが起きたりしたら……。

吾狼: うわぁ……やめましょやめましょ。この話は怖すぎますって。



マイルド・サバイバー
情報戦争、天変地異、食糧危機、エネルギー危機、経済崩壊……「リセット」世界で淘汰されるがままになってたまるか。金も地位もない「普通の人」が無理なくできる生き残り術を具体的に提案。「マイルド・サバイバー」という生き方とは?
Amazonで購入で購入は⇒こちら
以下からもご購入できます(Click)
楽天ブックスで買う    セブンネットで買う(セブンイレブン各店などで受け取り)     Yahoo!ショッピングで買う    hontoで買う
用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント  用務員・杜用治さんのノート』 Amazonで購入で買えます
Kindle版は⇒こちら(500円)


一つ前 |  目次   | 次へ